アゲアゲ☆将棋教室
menu

アゲアゲで~す。

【強くなる将棋講座】桂の手筋

公開日:2016年11月24日 カテゴリー:将棋 タグ:

桂は一番おもしろい動きをする駒といえますね。
両取りをかけるのが得意です。

【ふんどしの桂】
2016-11-24a
相手の金は初形の配置。両取りをかけましょう。
2016-11-24b
▲5三桂が「ふんどしの桂」と呼ばれる両取りの手筋。
2九の桂も8九の桂もこの5三の地点に到達することができます。

【桂の跳ね違い】
2016-11-24c
後手が△8五桂と攻めてきた場面。▲同桂と取る1手ではありません。
2016-11-24d
ここは▲6五桂とするのが厳しいです。「桂の跳ね違い」で相手の攻めを空振りさせます。

【控えの桂】

2016-11-24e
振り飛車VS居飛車急戦の中盤戦。急所の桂打ちがあります。
2016-11-24f
▲2六桂が「控えの桂」の手筋。次に▲3四桂という厳しい手をねらっています。「ふんどしの桂」との組み合わせですね。

桂はスピード感のあり、大きなリードを奪う可能性を秘めています。